増殖環境学研究室

世界的な人口増加と魚食文化の浸透により、水産増養殖の重要性が高まっています。高い経済性や安全性を維持しながら持続的に増養殖を行うには、環境との調和が必要となります。また、増養殖によって得られた水産物の安全性を確保するためには増養殖対象生物を含めた生態学的観点からの知見も求められます。当研究室では、微生物学、生態学、分子生物学などの方法論や実験手法を用いて、環境にやさしい増養殖システムの開発とその基礎研究、そして、フグの毒化機構解明に関する研究などを行っています。

魚類の腸管内には多数の微生物が生息し、宿主魚類と共生関係にあることが解明されつつあります。近年、分子生物学の進展により培養することなく、微生物群集を解析する手法が開発されています。そこで、これらの方法を用いて魚類腸管や環境中の微生物群集の実態や役割を解明することを試みています。また、魚介類から分離した腸内細菌を用いてプロバイオティクス技術の開発にも取り組んでいます。右上図は魚類病原細菌の増殖を阻止する腸内細菌を示しています。中央の腸内細菌が生産する抗菌物質により病原細菌(黄土色)の増殖が阻害されているのがわかります(杉田治男 特任教授)。

フグはフグ毒(TTX)をどこから獲得し、何に使うのか。この分かっているようで分かっていない問いに答えるべく化学分析や分子生物学的手法などを用いて研究を進めています。フグの毒化機構を明らかにし、フグ毒保有生物におけるフグ毒の役割を明らかにすることは、わが国で古くから伝わるフグ食文化に科学的根拠を提供するだけでなく、フグを安全に、そして安心して食べることができるよう、公衆衛生面でも重要な情報を提供できることが期待されます。(糸井史朗准教授)

教員

杉田治男 特任教授

担当科目
水族館論(1年次)/海洋生物資源科学概論(1年次)/海洋微生物学(2年次)/増殖環境学(2年次)/増殖環境学実験(2年次)/海洋生物資源科学実習I・Ⅱ(3,4年次)/海洋生物資源科学演習I・Ⅱ(3,4年次)

糸井史朗 准教授

担当科目
水族栄養学(1年次)/魚類学(1年次:分担)/増殖環境学実験(2年次)/分子生態学(3年次)/卒業研究(4年次)ほか

増殖環境学研究室ホームページはこちら